そうだ、京都(の次へ)いこう

アクセスカウンタ

zoom RSS コリアンダーの花が咲く頃

<<   作成日時 : 2017/05/10 07:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


4/22アースデイから6月の環境月間までしばらく地球環境の話題を取り上げます。
グローバル金融主義でがんじがらめにつながり、何かあればドミノのように全世界が暴落する、動けなくなった世界。
しかし逆にそれが結果的に戦争をできないシステムを作っている現実があります。
対話路線を掲げる大統領が韓国でうまれました。




・総力特集アースデイ - 無音無風の革命 〜 各国で広がるベーシックインカム

円安誘導、物価高演出、ゼロ金利、消費増税、国民を犠牲にしてまで大企業を支える仕組みが限界にきている。
各地であいつぐ百貨店閉鎖、ゴーストタウン化する巨大ショッピングモール、物が売れない。
しかしお金から一歩離れると一方で今年に入ってから信じられないような変化が起こっており付いていけない程です。
まず激安レンタカーからカーシェアリングに乗り換えはじめて電気自動車を体験しました。
駐車場いらず、ガソリン込みで15分200円(※ステルスマーケットではありません)。
しかしエンジンを掛けてもまったく音がしないので意外に運転者も昭和生まれの高齢者も感動がありませんでした。
またファブラボを初めて体験しました。
3Dプリンタやレーザーカッターなど最新工作機械が個人でも利用できて、工場が手に入ったも同然。
個人で自分のデザインで車や宇宙船さえ作れる時代になってしまったのです。

そしてさらにオランダ、インド、アラスカなど各国がついにベーシックインカムを始めているそうです。
相場は概ね月10万円程度とのことですが財源はどこからくるのでしょうか。
生活保護や年金、一部の巨額な収益をを平均化、足りなければ増刷して全国民にならせば可能かもしれません。
ようはお金はどうでもいい、結局生きるのに必要な物がまわればいいわけです。
ベーシックがあれば倒れそうな大企業を無理に支える必要もなくなり、新しい起業が活性化するのでそれが一番の効果でしょう。

画像

(コリアンダーの花が咲きました)




・小屋ブームを占う

今年に入ってからめまぐるしく様々な画期的な仕組みが身近な社会で広まっていてまったく把握できていません。
あれほど実物を何とかしてみたいとおもっていたのに、ぼーとしている間にいつの間にか無○の小屋が発売されて展示会が5/7まででした。

日本ではまだベーシックインカムが導入されておりませんが、個人で太陽光と風力の売電で3から4万のベーシックインカムを構築してきましたが、
問題は家賃(あるいは固定資産税)、災害による風車、太陽光パネルの損害です。
残る課題の一つ不動産価格の低減や災害対応を実現するために小屋を作りたいとおもっていました。
そこで注目していた無○の小屋の価格はというと、これが300万!?。
この微妙な価格がはたして妥当なものなのか自作の猫うらないゲームで占ってみます。


画像

(だめだしの)○ックスボンバー

今回はバーチャルなMUJI○ITのプロトタイプ版をイメージした小屋の中で占いましたが、最悪ではないもののダメだしの評価がでました。
水周りなしで300万はいくらなんでも買わないでしょう。
値下げをしばらく待つことにします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コリアンダーの花が咲く頃 そうだ、京都(の次へ)いこう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる