そうだ、京都(の次へ)いこう

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカ先住民ブーム、トランプ占いの兆し

<<   作成日時 : 2017/08/21 08:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


・この夏の暑さ対策の検証と先住民ブーム

クーラー停止や打ち水、行水、歩く健康法などこれまで様々に試してきた節電や暑さ対策の総括をしてみると、
暑さというものは結局、気持ちの問題、体調の問題ですので、いかに内面が重要かにたどりつきました。

そして今意外なことにアメリカ先住民文化のブームが来ていて、家にだれが何処からか持ってきたのか南北アメリカ先住民の歴史、文化、神話などの資料がうず高く積まれていて、
それらを日夜拝見していますが、最後に行きついた暑さ対策の草取り健康法とまったく同じ汗をかく儀式なるものがあるのを発見しました。
あらゆる現代文明を駆使して節電、暑さ対策を研究してきた結果が、結局はインディアンの儀式に負けてしまったという現代文明がいかに薄っぺらいものか判明してしまいました。
現代人が夏バテ、熱中症になる原因は一見便利なクーラーにあったわけで、おもいきって汗をかけばいいという驚きの結果となりました。

健康法のみならず、ここ最近映画など様々なエンターテイメントに行き詰まりがきていて、なつかし映画も底についてきて、
何が正義かもはやわからなくなったスーパーヒーロー、ワンダー○ーマン、○パイダーマン、ミイラ男系などリメイクにも限界が見え始めている一方で、
ダコタ族、ナバホからすでに滅んでいるアステカ、マヤ、インカ文明など先住民アートのデザイン、音楽や神話が逆に洗練さ新鮮に見えてきました。
先住民文化の概念でははっきりした善悪、生死がないので現実にフィットしています。




・時代劇ブーム、トランプ占いのきざし

かなり流行に後れてはいますが○ウントンアビーなど時代物ブームに取り付かれていますが、時代劇といっても学芸会レベル以下のN○Kや民法の朝ちゃぶ台、夜チャンバラ系にいい加減飽きというより国民の怒りが頂点に達している現状があるとおもいます。
時代劇といえば韓国ドラマでいえばチャン○ム系があてはまりますが、日本のこれらに相当する時代劇がないのが悩みといえます。
その一方で書店に行くと所狭しと積まれた時代小説ブームが沸き起こりつつあります。
周五郎作品をはじめまだ読んだことのない池波〜、藤沢〜作品など膨大な量の時代小説は将来あらたな時代ドラマの可能性があるとおもいます。
何が肝かといえば、ヨーロッパ方面では貴族ドラマに実際に参加できるアトラクションがありますが、日本人では参加する余地がないからです。

時代劇の魅力は他にも反グローバルの側面が魅力があります。
ちゃんとした階級差、女性の身分の低さ、別に階級や差別があっても心がつながっていればいいわけで、
現代社会は行きすぎたグローバル化でうわべだけの人種差別反対運動、民主主義があるだけで心がまったくつながっていない現状を何とかしたい。
日本の時代小説も共通点は男女、身分の差が残っていてそれは意味があって、概ね悪徳な女がいて弱弱しい男がいて、そこに人情があるわけです。
なんでもかんでも表面的な階級、規制撤廃は浅はかといえます。

画像

(弱い男の例)
当家も色白で非常に弱弱しいマシュー王子で猫占いをしてきましたが、このところ悪天候、とくに雷が大の苦手で完全にダウン、怖がって役に立ちません。
占いの基本にもどって本来のトランプ占いをはじめようとまず部屋を片付け、勉強を始めています...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカ先住民ブーム、トランプ占いの兆し そうだ、京都(の次へ)いこう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる