そうだ、京都(の次へ)いこう

アクセスカウンタ

zoom RSS 生類哀れみの令はどこへ行った…

<<   作成日時 : 2018/06/15 19:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


世界がこのアースデイから環境月間の内にかなり平和ムードを加速しています。
北朝鮮、韓国、アメリカの和平が進んで朝鮮戦争の和解が成立すれば歴史的な出来事となり日本もアジアで平和憲法を掲げての役割を重視した方向性が打ち出せるようになります。
某ロッ○も北朝鮮向けビジネスの展開を早くも進めているといいます。
こんなに事が進んでいいのでしょうか、何かうまく行きすぎて怖いくらいです...




・総力特集アースデイ − 生類哀れみの令を見直す

日本は文明開化後すぐに戦艦を導入してそのまま戦争に突入してしまいました。
日本を訪れた外国人はその帝国化や伝統工芸の衰退を危惧していましたがだれも聞いていなかったようです。
江戸時代は生類哀れみの令があって、仏教の殺生をしないという教えが浸透していたらしい事、これも外国人の日本旅行記に偶然みることができます。
その意味では文明開花は意味があったのかもしれません。

生類哀れみの令、殺生をしない事を突き詰めると、何か有事に他人を犠牲にして自分だけ生き残ることが果たして良いことか、
という難題の答えではないでしょうか。

もし食糧難になったときに、古来あったであろう食人の風習をやってしまうとどうなるか、ぞっとする話ですが
おそらくその行き着く先は殺し合いや共食いという収拾の着かない事態が待っていることになります。
その最初の歯止めが生き物を殺さない、行きつく最後が戦争という行為なのかもしれません。
考えてみれば、狭い地球でどの生物、どの種族が生き残ろうが大した違いはありません。
ほとんど生き物の遺伝子は99%位はまったく同じで兄弟みたいなものだといいます。

肉は美味しいとおもいますし、時々ハンバーガーも食べたくなりますが、人間は血を見ると本能的に嫌な気持ちになります。
その気持ちの重さや、根源をなるべく大切にしなければならないと改めて思いました。




・鰻代替戦争、戦争に和解はあるのか・・・

世界がめまぐるしい程に平和に向かって前進しているのに...

何ぜか身の回りで、社会のあまりにも不甲斐なさで久しぶりに公衆の面前でブチきれてしまい大変お騒がせしましたm○m。
気を取り直して今日は夏に向けて鰻代替料理のまずは小手調べとして安い鰤の照り焼き丼を作りました。
昨年うなぎの蒲焼が3t近くも廃棄されたというのは問題で早く消費者庁は捜査に動いて欲しいとおもいます。

画像


皮の部分がちょうど鰻の皮とまったく同じ歯ごたえで、まったく問題なし。
香ばしい自家栽培小松菜の胡麻和え、柴漬けの三色丼で絶品に仕上がりました。
もし不足があるとすれば、あとタレを甘辛く仕上げることがにかかります。
あとは料理の腕しだいというところでしょう。

畑もグローバル化の脅威から平和を取り戻し、収穫の真っ最中、ジャガイモ、麦、梅、シソ、ありとあらゆるものが手に入るまさにスーパーマーケットならぬスーパー家庭菜園です。
さてこの次は夏に向けてササゲ豆と枝豆を鳥に注意しながら完全にネットで覆って準備は万全。
すべて順調、さあ昨年テスト栽培として始めて収穫した大豆を蒔くだけで
...

あれ?

カビないように部屋の棚に一年前から置いておいた豆の袋はどこかな...
誰かー、豆しらない?−

あん?!

なぜこんなに部屋の中が散乱しておるのじゃ?
変だなあ、猫かな?いや、まあ風でしょうか?
あれ!、豆の袋だけがない!!

し、しまった先制攻撃か!!まさか部屋の中に進入して豆だけを事前にもっていくとは。
おそるべき鳥の知能
...

ゆ、る、さ、ん

全鳥類殲滅を決定!
鳥類に哀れみは不要。

しかし昨年、鳥がトウガラシが弱点だということは掴んでますから、冷静に考えればもう勝利は見えているともいえます。
最終兵器、トウガラシの入った偽装の豆を作ってカモフラージュとして散布する作戦にでます。
まさかこのインターネットの記事を鳥が読んで理解することはないでしょう...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
生類哀れみの令はどこへ行った… そうだ、京都(の次へ)いこう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる