そうだ、京都(の次へ)いこう

アクセスカウンタ

zoom RSS (当家)地震予知理論の再構築

<<   作成日時 : 2018/06/27 08:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


ミサイル訓練中止を政府が発表しましたが、さらに後ろ向きだったゴミ問題も国会で取り上げられ官房長官が来年から着手と言及、
はたしてこれまで頑なにリサイクルを拒否してきた政産の癒着がそう簡単に方向転換できるとは思えません。
一歩、二歩前進したものの、とりあえず先延ばしということかもしれません...





・総力特集アースデイ − プラスチックゴミ問題の先にあるもの・・・

プラスチック容器を排除するという転換は脱原発より難しい問題だとおもいます。
原発は再生可能エネルギーも実用化しており、電力会社切り替えも一般家庭だけですでに10%に達しているといいます。
省エネもやればやるほどできるものですが、プラスチック容器を使わない社会とはどういうことか。
例えば豆腐一丁買うにしても大昔のように豆腐屋で買うとか、スーパーでマイ容器に素手ですくうようなことですとまた食中毒がおこったら責任はどうするのか等、自動運転並みの難しさが待っています。
ゴミや自動運転も10年以上前から技術は解決していたのに手をつけてなかったことか、現在ついにその行き詰まりにきたということでしょう。

しかしその問題に着手することで夢のような社会がくると期待できます。
リサイクル社会になればものの買い替えも活発になりますし、原料は輸入しなくて済むので日本経済的にも楽になるはずです。
CO2削減の排出権を購入する税金が節約できます。
20世紀は日本は資源が無い国だから原料を輸入しなければならないので余計に無理に働く必要があった。
エネルギーも材料も循環型にすれば日本国民がより楽になり生産効率も上昇するはずです。

ベーシックインカムの議論も加速してきましたが、地域での循環、自給率を高めた上であれば、お金のばら撒きでない給付の仕組みをより実現しやすくなるとおもいます。
簡単にいえばグローバルに過剰に巻き込まれないことが地域活性社会の要ということでしょう。

画像

(メダカの鉢にクレソンを移植してみる)
これまでホテイアオイとか藻を毎年数百円でペットショップで買っていたのを家計節約をかねてクレソンにしてみました。
とにかく過剰な養分を吸い取って酸素を出してくれればいい、さらに夏の暑さでも野菜が枯らさない仕組みに悩んできて、
そしてクレソンの自給という答えにたどりつきました...




・緊急特集 Xの日 − 地震予知理論の再構築、(ほぼ)ゼロ円仮設住宅

関西の地震を予知できなかったのは何故か、また昨日までひさしぶりに大気汚染が異常に悪化していましたが、
しばらく汚染が低いだろうと油断してアラートを出さず見逃してしまいました、気象庁に代わりお詫びします大変申し訳ありませんでしたm○m。
今後は低下傾向となるでしょう。

これまで独自に考えてきた地震予知をまとめてみますと、当家の人間が不眠症になる、近隣で暴れる、猫が落ち着かないか暴れる、
雲の形が異常になる、低気圧が過ぎたあとで地震が起こる、凶悪事件が起こる、などです。
現在の状況をいえば、夜から強風で不眠症は判別不能、暴れるは今月前半まで暴れてたので(申し訳ありませんでした)いまは落ち着いています。
低気圧がきていて雲の形では判別不能、猫達は...

画像

(シェルターに隠れて最大の警戒態勢)

うちの猫とか近隣の猫が入り乱れての大格闘を展開中、うちの猫はコンクリート製のシェルターを要塞として日夜篭城して戦っています。
とにかく巨大地震の前兆の要素として低気圧や猫の暴れが重なっているので要注意かもしれません。
水と酒は確保しましたのであとはジャムを大量生産して巨大地震に備えています。
災害時に野菜や果物が欲しくなるといいますから余った自家栽培の梅と苺のジャムをそれぞれ2ビン作ったところで、
さらに冷凍してストックしたものを逐次ジャムにして瓶詰めしていきます。

画像

次は人間のためのシェルター作りを考えていますが、基礎は既にできていて、
今後は柱となる木を確定申告で帰ってきた予算から3千円程度でなるべく少ない出費で調達し、廃材などの活用で仮設住宅を作るよていです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(当家)地震予知理論の再構築 そうだ、京都(の次へ)いこう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる