そうだ、京都(の次へ)いこう

アクセスカウンタ

zoom RSS 究極の鰻代替料理 - ツチノコの蒲焼

<<   作成日時 : 2018/07/09 18:05  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

・緊急特集 Xの日 − 地震予知的中、猫の異常行動

低気圧と動物の異常行動から地震が来ると予想していましたが、週末に首都圏で中規模の地震があって、
再構築した予知理論が正しいことがほぼ実証できたとおもいます。
しかし、低気圧自体の被害を予知できず大変申し訳ありませんでしたm○m。

低気圧被害も考えてみれば予想できたことで、2週間も連続で暴風雨が続くなど生まれて始めての気象でそれほど
の高温が何らかの巻き戻しで豪雨を発生することは明らかに予想できたはずです。
東日本大震災の時とまた同じ過ちを繰り返したということで、報道の不備による災害と言わざるを得ません。

この1週間の間、とにかくうちの猫が餌の箱を日夜ぶっ叩いて餌を要求し次々に貪り食っていました。
そんな横暴な態度はみたことがないので住民等が戸惑っておりましたが、土曜日の地震後に普通に戻りました。
今回は見事に的中し事前に水や食料も補充していて、しかし大地震ではありませんでしたが、緊急地震速報が鳴り響いても予想通りだったので落ち着いて行動できました。

しかし予断は許されません、近隣猫等の凶暴化は依然収まってはいない様子ですし、自分の不眠症が昨晩酷かった。
暴風雨も収まりこれ程穏やかな夜だったのにもかかわらず、1時ごろから目がさえてしまっていて、まだ眠気も来

ません。
これも生まれて始めての最大級の不眠症状です...




・鰻の向こう側 〜 究極のうなぎ代替料理、幻のツチノコの蒲焼

いよいよ最初の土曜の丑の日を控えて、昨年のような蒲焼の大量廃棄を阻止すべくフードアクションを展開してい

かなければなりません。
といっても決定的なうなぎ代替料理をまだ生み出せないまま、台風一過の蒸し暑い日差しの中でもうろうと歩いて
いました。

鰻代替魚を使うか、いや、今年はナマズもすでに1500円以上に地上げがすでにされています。
あるいはせめて幻のギンムツが安く手に入れば、しかしそれも便乗値上げされています。
うなぎ業界の罠に完全にはまってしまい、手のうちどころはもうないのか...

そう諦めかけていたところ、草むらで何かが動めいた気配を感じて、ふと足元を見ると、何と!

頭の赤いツチノコが!!

これだ!これがいま唯一の食材かもしれない。
こいつを開きにさばいて蒲焼にすればいけるかもしれません。
と思って捕まえようとしたところ、逃げられてしまいました。

あれは何だったのか、暑さのせいで見た幻だったんでしょうか...




次の日、スーパーで百円の○魚を見かけて何か昨日出会ったツチノコに似ている気がしたので、食べたことがなか
ったのですが試しに初めて買って、蒲焼にしてみました。

画像

(○魚の蒲焼丼、小松菜?のキンピラ添え)
まあ、安い魚だし、冷凍だし、何もないよりはマシだろう、
期待はできないが、まずは一口...

う?うな!!

う、うますぎる!!

これは予想していませんでした。
あの○魚がこんなにギンムツに近い味だったとは、なぜ誰も教えてくれなかったのでしょうか。
うなぎ業界の情報隠蔽でしょうか、酷すぎます。

いや、しかし今回はたまたまうまく行ったか、これまで感じていた魚臭さ対策として試しに酢飯にしたこと、
魚を良く洗ってから醤油に漬けたこと、それとこの連日の暴風と暑さで小松菜?がワサビの様に辛くなっていたことそられが偶然の産物として重なったといえます。

小松菜もあるいは小松菜でなかったかもしれません。
何だったのか。
これら全て真夏にみた一瞬の幻だったのかもしれません...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
究極の鰻代替料理 - ツチノコの蒲焼 そうだ、京都(の次へ)いこう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる