特集アースデイ+ 経済対策=年金任意解約可能に


21世紀、時代はグローバル経済主義から反グローバル、地球環境と国民のための社会に流れが変わったと感じます。
結局は儲け主義のふるさと納税も規制、世界を見渡せばIT課税がいよいよ始まり、オーバーツーリズム規制、顔認証を禁止する法律も制定されました。
全てもうけ主義や権力のためでなく国民を守る方向に世界の法制度が向かっています。




・総力特集アースデイ+ ~ (経済対策として)年金任意解約可能に

20世紀のただ所得倍増、考えない時代、弥生人(官僚主義)の特徴は組織力は強いが、欠点として考えずに物を言うという弱点です。
既に庶民の味方(?)荻原先生の年金だけで十分論を私達は知っていたのです。

”年金だけで足りない論”はおそらく投資を促して株価を上げる目的があったのかもしれませんが、それがそもそも間違い。
まずGPIFと日銀により株価はかさ上げされているので個人投資家としては株に投資はできません。
もし仮に今投資が有効だとしたら政府がまず自ら運用してその利益を国民に給付したり、財政に当てれば良いはず。
自分はあらゆる投資を経験しましたが投資はそんなに甘くありません。
社会のためであり、お金をもうける為にするものでもないと思います。

もし経済を本当に良くしたいなら秘策として、むしろ年金を任意解約できるようにすれば良いのです。
今の日本の不安は年金が果たしてもらえるか最大の不安要因ですから、いつでも解約できるとわかれば安心感が生まれます。
もし実力がある人はここで解約して事業なり、投資に向けることができるので爆発的な経済効果が生まれるでしょう。
無難に行きたい人は安心感から消費が爆発的に増える、年金に上積みする人が増え、おそらく結局は満期まで運用すると思います。

何より実際には”十分論によれば”老後にそれほどお金はかからないので、お金は余るでしょう。
ただ年金不安に煽られて消費が低迷しているだけです。



画像


日本人は最低お米があれば生きていけます。
少子化で土地があまりに余っており、弥生人が自らもたらした稲作はただ水を張っておけば自働で米が取れます。
稲作というのは何という楽すぎる罪な技術でしょうか。

昨年自分で作った米を初めて食べました。
これで自分も弥生人の仲間入りか、何かすごく悪いことをしている気持ちがしました...

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック