Xの日 ~ コロナの原因は(たぶん)アベノミクス


命を守る本当の情報をもとめて嘘を含むテレビ新聞でない情報、人から人へ伝えてきた伝承、
アイヌ民話から各地の昔話、ギリシャ神話、古代文明の教えが最も信頼性があることに気がつきました。
各地の七夕伝説にはかならず水難に関わる話が付加され、そしてアメリカ先住民の伝説には石の雨が降る日を伝えていました。
先週は習志野で複数の隕石が落下していたことが判明、現代の科学力をもってどうして最も危険な隕石落下を察知できなかったのでしょうか...





・X, Day after tmorrow ~ コロナの根本原因は(たぶん)アベノミクスそのもの

大きな話題としてアイヌ文化資料館が完成しています。
日本人がアイヌ民族を虐待をしてきた、その文化は実はエジプトでいえばピラミッドに匹敵する価値があるとおもいます。
憲法9条改正など考えるより、まず民族を虐待した反省をあと数千年してからでもけっして遅くないと思います。

災害から身を守る情報を求めて、ネットやテレビをはじめ、古事記に始まる本からして嘘が入っていると感じて、
アイヌ民話を調べていたら、そこには感染症対策や様々な災害を警告する情報が伝えれていた、
そこでもしやと思って本州の昔話をよく調べたら、七夕伝説の後半に水害らしき話が多く見受けられました。
また七草粥の起こりに冬の外鳥を追い払う儀式だったこと、つまり冬季に外国から来る細菌を食い止める習慣、
文明開化、テレビ、本、便利な情報が壊してきた伝承が実は今まさに起こっている災害から守ってくれていたといえないでしょうか。

コロナの根本原因を推測すると、大気汚染、自動車、大量生産、大量輸送によるCO2→無理なCO2削減によるNOX発生、
NOXがPM2.5を生みそれが気管支炎を加速します。
また東京一極集中、外国人観光、安価な中国頼み、しかしいま外国人が来なくなっても株価は微動だにしませんから、
インバウンドなど実は経済にあまり意味がなかったことが露呈しています。

平安京でも同じことが起こっていたとおもいますが、電波を使って東京に集まれ、やれ全国民働け、女性も表に出て働け、
今度は全員休め、全員遊べ、号令をかけてやたら一斉に同じ行動を強いる、
一斉行動、一極集中こそが病気と災害を生む原因、社会の病理であることは間違いありません。

また本当の快適さでなく何か世界に自慢したがる、寿命が世界一、長生きはいいことですが、
自慢しても何も良いことはなく、健康や快適に生活する方法を常に探すことの方が大事です。

多額の税金を食う(であろう)気象庁のスーパーコンピューターも数十年に一度のゲリラ豪雨を予測できませんでしたが、うちのゴキブリは当てていました。
こらからは全員抹殺をしないようにゴキ哀れみの令を制定しました。
PCやプレーステーションを複数つないでスーパーコンピューター並みの高速演算が実現できている時代に
今頃コンピューターの単体性能を自慢してどうするのでしょうか。

diary_0715.jpg
(世界にほこる、当家の並列スーパーコンピューター)
湿度調節、空気正常化、さらにこの鉢の中に様々な害虫や益虫が住み込んでいて、いざという時に役に立つことがわかりました。


梅雨が明ければまたうなぎ代替料理の季節がはじまります。
確かにうなぎは旨いかもしれませんが、東京と同じでそれ以上伸びしろがありません。
まずはじめは、ブリやタラの竜田、そしてうなぎと同じ海から川へ移動する鮭がもっともうなぎに近く絶品であること、
昨年は究極のうなぎ代替料理であるメロ丼に到達しました。

diary_0715_2.jpg
(一昨年のうなぎ代替料理、鮭の照り焼き丼)

今年はさらに温暖化対策、ビーガン料理としてナスの蒲焼丼を極めたいとおもいます...

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント