京都の次へ ~ 幸せなおじさんと少女と...


新たな大統領バイデンにより早速パリ協定に復帰、それに合わせて日本もグリーン社会へ方向転換し、
温暖防止へ世界が足並みをそろえはじめ、図らずもコロナによってCO2が減少、
若者達が始めたFFFもインド、イスラム、アフリカ、ロシアへも拡大し、このコロナ下でも
安心安全なオンライン上の世界でだれもが気候ストライキを投稿しています。
すべてが唐突に上手く回りだし、人種や性別の多様性、白人も黒人も、女も、LGBTも皆仲良く手をつない...

くくく(プルプル)...

てーい、だめだ!
何んかおかしい、体が拒否しておる、我慢ならん!

私達隠れトランプ支持者はどこへ行けば良いのでしょうか...




・京都の次へ ~ 幸せなおじさんと少女と明るい未来...

再びコロナの緊急事態に入り、家に篭ってテレビもなくインターネットもデータ制限でみれず、
いったい何が正しいのかまったくわかりませんが、限られた情報しかないなかで少しでも真実を探っていきたいとおもいます。

・大阪の地価が下落
 最近で気になったのが地下の下落がついに明るみになったことです。
 コロナだけでなくヒートアイランド対策の面でも東京、大阪一極集中を解消することがまず直近の過大だとおもいます。
 一極集中がなくなれば家賃が下がり、生活にゆとりがでる、保健衛生、福祉、環境、格差、防災すべての社会問題が解決するはずです。

・給付金を求める声が高まる
 オリンピック反対のうねりが高まり、再給付を求める声、政府自民党への批判の声が非常に高まっているようです。
 売店の雑誌の見出しに次は過半数割れとの文字が出始めました。
 これはかつてのギリシャ債務危機の時を思い出しますが、金融経済と各国の庶民との戦いといえそうです。
 あのときギリシャ国民は経済封鎖されると薬が手に入らないと命を人質に取られて負けたといえますが、
今回は医療が崩壊し社会基盤が危うい状況で国民は失うものがないことを考えると案外、勝てるかもしれません。

・(グレタの投稿)幸せなオジサンが云々...
 かつてトランプ氏がグレタのFFF活動に対して、”しあわせなそうな少女が明るい未来へ向かった活動しているのをみると気分が良い”との投稿をしたことに対して
グレタが逆に”しあわせなおしさんが楽しくやっいるのをみて...”などと返しているそうです。
温暖化問題に対極にある二人がお互いに余裕のあるコメントが只者でないと感じるのと、
一見幸せな少女にみえて実はバイキングの荒神オーディーンの化身(か操り人形)であり、横暴な不動産王も実は神聖なキリスト教指導者という正体が自分にはみえます。
その証拠にキリスト教派のメリケルがトランプを擁護しており、弾劾も実現しない方向になりそうです。
バイキングの神話もキリスト教も元をたどればヨーロッパやアジアなど中央の巨大勢力から弱者を守るための教えでありその魂は一致します。
たった一人でも世界を動かせる二人は一見異なっていても、同一のものなのかもしれません。


FFFや温暖化が陰謀でも、トランプが負けても、いまできることをやるしかありません。
プラスチックゼロ、ゴミセロ活動に間違いありませんのでまず基本にもどってジャムや漬物のビン詰めをつくっています...、

diary_0129.jpg
(自家製の福神漬け)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント