Xの日 ~ 知られざる(江戸の)世界


人類滅亡世代の生き残りとして復活の日を始めとして歴代のパニックSFやオカルトネタを取り上げてきましたが、
本当に人類滅亡らしき様相となって怖くなってきましたので、
ここでいったん小休止として秘宝や未知の世界に目を向けてみたいとおもいます...




・X, Day after tomorrow ~ 知られざる(江戸の)世界

災害から身を守る情報を求めて各地の伝承や神話、世界の旅行記を見てきましたが、中世の壮大なアジア旅行記の前半の最後まできて、
C・カッスラーシリーズに登場する大王国が占星術師により広大な支配領域の東の果てにあるミャンマーを攻略する話が本当にありましたが、
やはり詳細が欠落していました。
当時のミャンマーの金と銀の塔の美しさ、巨大帝国の豪華絢爛な宴会の様子、巨大王国は一度災害に見舞われれば直ちに免税や給付が惜しみなく行われている様子など、
現代では信じられないことばかりです。

続いて別のカッスラー作品を選ぼうと、失われた海底神殿へ行くか、あるいは地軸逆転の危機か迷いましたが、
やはり湾岸戦争20年という節目としてイラク戦争当時に博物館から略奪された秘宝を奪回するという設定の話を選びました。
また深くは考えずに手にとって家に帰って読み始めましたが、今回はたぶん人類最高の秘宝といえるかの遺物に関わる予感がします。
まだわかりませんが中東地域に人類最古にして究極の叡知が眠っているらしいこと、方位針が指すこの方向はまちがいないと感じます。

人類は滅亡する運命にあるのかもしれませんが、しかしまだ未知の文明の遺物、この世の物と思えない未知の物体X、あるいは最近地球外から飛来する見たこともないオブジェクト(UFO)、
さよならジュピターのジュピターゴーストのような正体不明の巨大物体が地球に接近していたといいますがそれいったい何か。
そしていよいよ6月にはトランプ氏が導いたアメリカ政府の極秘情報であるUFO関連情報が開示されるといいますが、
その時私達は脅威の事実に耐えられるでしょうか...


しかしもっと驚愕の知られざる世界がることを最近知ってしまい、未知の世界への扉をまた開いてしまったのです。
それが意外に遠くない過去の日本、江戸時代のことで、意外にエコで自由平等なこと等、それだけでなく冷静に考えると、
伊勢参りって凄いと思いました。

”原発を止めて江戸時代に戻るんですか”と盛んにテレビでは江戸時代を劣ったものとして例えますが、
日光参詣の凄さを知らないのでしょうか、吉宗将軍に続いて十数万人が列をなして全員が日光に歩いていくのですが、
想像しただけでもその列に加わりたいと誰もが思うでしょうし、いま技術も物も豊かになったはずの現代にそれに匹敵する巨大イベントがあるでしょうか。
もし仮にお金があっても時間や体力の余裕がない人がほとんどでしょう。
これが文明開化により見せかけの豊かさの代償に失ったもであり、江戸末期に一つの文明の滅亡レベルが起こったということかもしれません。

そして、お伊勢参り、その壮大さの全容すら掴みきれていませんが、1日辺り数万人が旅したということから
計算が間違っていなければ年間数千万人?人口の半数が東海道を旅したということは理論的に可能なのでしょうか。
お金は?時間は?、現代とはまったく別の感覚の社会があったのか、意味がわかりません。

さらに驚くのは5歳ぐらいの子供や犬が単独で伊勢参りをしたといいますが、現代では子供の貧困やいじめ、虐待、自殺、育児所難民、多くの問題に悩み、教師も親も疲弊しきっているのに
子供食堂どころか、子供が伊勢にお参りに行ってくるというのはどれだけ社会に余裕があったのでしょうか。
そして裕福な人ばかりでなく無賃の旅行で伊勢に行く人や所持金無しで旅をしてお釣りが出るケースもあったといいますから
資本主義を根底からくつがえす脅威の文明がかつて存在していたことになります。


その原動力は何かまだわかりませんが、一つに稲作という効率の良いシステムのためかもしれません。
稲は畜産よりはもちろん麦より連作が可能で日本の急流、豊富な水によるものといえそうです。
日本はその文明開花とやら以前は豊かな国だったのかもしれません。

diary_0329.jpg
(ビオトープ田植えをしました)
明日世界が終わるとしても種をまけ、キリスト教の教えにも仏教の教えにもある言葉です...

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント