京都の次へ ~ 競争社会から協力社会へ


世界中の子供達が温暖化を訴えて金曜日に学校をボイコットする Fridays For Futrure、
本日3/19いよいよ世界全体で18:00から逐次グローバル気候ストライキが行われていくようです。
日本では関東地区以外では緊急事態が解除され屋外でのストライキも行われているでしょう。
しかし皮肉にもコロナによる経済減速によりCO2排出が減っている現実があり、世界的な脱原発も3.11が加速の原因でしたが、
私達の努力は自然の摂理にかなわないということでしょうか...




・京都の次へ ~ グローバル気候ストライキ 、競争社会から協力社会へ

グローバル気候ストライキの日となりましたが、今年は関東ではまだ緊急事態のため手にメッセージを書いて
SNSなどに投稿するのだそうです。
まだコロナ問題で世界中で横たわって、環境関連の情報が少ない中で少しでも変化を追っていきたいとおもいます。

・四国の原発が差し止め
 新潟の刈羽崎がセキュリーティー不備で再可動が不利になり、四国の原発でも可動に不利な判決がでるなど
原発関連で再稼動に厳しい状況となっています。
 原発そのものが絶対悪とは思いませんが、今の老築化したシステムを続けることが危険であることは間違いありません。
 そもそも原発は発電効率より地方を無力化、占有することの意図がある気がして、そこが問題の根源かもしれません。

・千葉県知事選
 政見放送をたまたま聞いて、マスクやワクチンが危険とかベーシックインカム論など無茶苦茶な候補者が出てきて
なかなか良い世の中になってきたと感じます。
 チバニアンという地層が世界的に有名になっていますが、思えば千年前に房総で反乱が起きていましたが、
その原動力は房総半島にあり、これによって安房から下総、関東平野へ逆転の流れを作っていたのでしょう。

・アメリカでアジア人が襲撃される
 これに対して差別、ヘイト等と批判がされていますが、これはヘイトなのでしょうか、自分には怒る気持ちがよくわかります。
 今のところ中国からウィルスが持ち込まれた可能性が高いとすると、何らかの責任追求、損害賠償などの動きがあってもおかしくありません。
なぜ各国の国民にばかり負担が来るのでしょうか。
 やはり各国とも支配する者とされる者との階級社会が根底にある気がします。

コロナ現象が自然現象なのか、どこか不自然さを感しますが、コロナ自粛による社会低迷が皮肉にもCO2現象となっているのは、
FFFなど若者による活動で社会変革が起こることへの上流階級のプライドが許さないということが結果的、背景にあったのかもしれません。
何によってもかまいません、本当にグリーン社会に向かうのであれば、地域主体の社会となり、おのずと競争社会、支配や搾取の構図は消えてゆき、
助け合い社会、循環型社会となるのですから。


diary_0319.jpg
(大根の花のパスタ)
グローバル流通では手に入らない物、例えば大根の花が咲いて、
パスタの具にしたところ、また世に存在しない味、新たな料理に出会いました。
お金がいくらあっても手に入らない食があるのです...

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント