特集・アースデイ ~ 何かをひかえること


今年はようやく屋外開催がされるらしいアースデイ、
世界的なコロナの感染拡大の危険がある厳しい状況と世界的に盛り上がる学生達の気候ストライキと合わせて、
様々な思惑が交錯する中で、本来の地球の日、アースデイの背景にはキリスト教の教えがあのかもしれないと
感じながら基本に戻ってこの一ヶ月余りを過ごしていきたいとおもいます...




特集・アースデイ ~ 何かをひかえること

コロナで情報を思うように得られず混乱するなかで朗報として今年アースデイは代々木会場での開催もあるらしいのことですが、
FFF、気候ストライキ関連も合わせて最新情報をいくつか取り上げます。

・アースデイ東京、4/17から9日間開催
 今年のテーマなど詳しい情報はまだわかりませんが、オンラインの導入やバーチャルな地球マラソンなどが行われるようです。
 https://earthday-tokyo.org/earthday2021/

・神奈川県の高校「再生可能エネルギー」を
 16歳の高校生が神奈川県立高校の電力を再生可能エネルギーにするために署名を集めているとのこと。
 まず電力の切り替えが基本で、生活に関わる全ての選択が選挙に匹敵する民主主義だということ、
それこそが民主主義であり教育の教科書が教えてくれなかった最も重要なことです。

・神戸の石炭火力発電所への訴訟
 身近な場所でなく報道もされないため気づきませんが化石、原子力に頼らない社会のために各地で活動が行われ、
日々社会が動いていることを知らないければならないとおもいます。

・本当のリサイクル社会へ - Loop
 Loopというサイトがあって、詳しくはわかりませんが完全リサイクル製品を扱う流通がはじまるかもしれません。
日本企業としてイオンなどの名前が載っていましたが、もし日常の生活品や家電が完全リサイクル化すれば、それだけでも世界が変わるとおもいます。
 https://loopjapan.jp/


ここで改めて初心に帰ると、アースデイが行われる時期、4月末までは四旬節という習慣があって西洋人でも何らかの断食を行うといいます。
世界に侵略を進めてきた白人でもインドやアラブのような断食をするというのは見習うべきで、日本は文明開化で西洋の技術の表面的な部分だけをまねして、
精神を学んでこなかったツケがいま噴出しているのだとおもいます。
原発事故はなぜ日本で起きたのか、モーリシャス諸島やスエズ運河での日本の商船の座礁も世界的に非難を浴びていますが、
日本だけがまだ金メダル数とかGDPなど単純な数字で自慢し、社会整備を疎かにしている、文明開化当時に西洋人に指摘されていたことがまだできていません。

自分も基本にかえってできることとして来月末まで節約、暴飲暴食、コロナ太りを解消するためにしばらく間食や
一品減らすようにしていきます。


diary_0402.jpg
(小さきもの美し)

毎年の盆栽市も中止となっていましたが、何年か前に女性の盆栽屋で500円でかった盆栽がまた芽を出しました。
盆栽は家電や使い捨て商品と違って時間とともに価値が上がります。
コロナで市も教室もなくなって対面商売のお店はもう潰れてしまっただろうと思っていましたが、趣味の園芸という雑誌に載っていて、
小さきもの美しとかいてあって心はつなgっていると感じました。
盆栽の価値もますます上がっていきます...

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント