テーマ:環境

特集・アースデイ ~ 医療のチェルノブイリ‐新型コロナ

今年のアースデイはコロナ下で屋外開催ができるみこみですが第4波の影が忍び寄り、一部のイベントが中止されています。 しかし世界的な盛り上がりをみせている気候ストライキも感染にめげずに各国で実施されて勢いは止まりません。 4/22のアースデイまで本来の地球の日、アースデイの背景や歴史を振り返りその基本精神に立ち返ってみたいとおもいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Xの日 ~ 和歌に伝えられる教え

東南海巨大地震に備えて、本当に命を守る情報は昔話にあることを突き止め、各地の民話や神話を探ってきましたが、 本当に津波、台風、豪雨の後に疫病ときており民話や神話のとおりの世界に私達は生きていることがわかりました。 そして本当に恐ろしい災いはいじめや虐待、差別、人間の愚かさであり、 災いはまさにDNAそのものにあり、ウィルスとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特集・アースデイ ~ 何かをひかえること

今年はようやく屋外開催がされるらしいアースデイ、 世界的なコロナの感染拡大の危険がある厳しい状況と世界的に盛り上がる学生達の気候ストライキと合わせて、 様々な思惑が交錯する中で、本来の地球の日、アースデイの背景にはキリスト教の教えがあのかもしれないと 感じながら基本に戻ってこの一ヶ月余りを過ごしていきたいとおもいます... …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Xの日 ~ 知られざる(江戸の)世界

人類滅亡世代の生き残りとして復活の日を始めとして歴代のパニックSFやオカルトネタを取り上げてきましたが、 本当に人類滅亡らしき様相となって怖くなってきましたので、 ここでいったん小休止として秘宝や未知の世界に目を向けてみたいとおもいます... ・X, Day after tomorrow ~ 知られざる(江戸の)世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の次へ ~ 温暖化以前に、日本に足りない何か

世界中の子供達が金曜日に学校をボイコットし気候危機を訴える Fridays For Futrure、 世界は本当に脱炭素へ向かうのでしょうか。 しかし各国でコロナの再拡大となり経済と社会が混乱し先が見えない状況が依然として続いてきます。 私達人類はこの先どうなるのでしょうか... ・京都の次へ ~ 地球規模の異変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の次へ ~ エコで平等だった江戸時代

世界中の子供達が温暖化を訴えて金曜日に学校をボイコットする Fridays For Futrure、 3/19全世界行われたグローバル気候ストライキではNET ZEROを掲げるグレタをはじめ、 日本では手にメッセージを書いて50年までにCO2ゼロにする具体策をと訴えられていました。 しかしコロナ第4波や今年の夏の猛暑、経済と社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Xの日 ~ デジタルの逆襲

来たるべく南海トラフ地震に備えて、本当の私達の命を守る情報として伝えられてきた 各地の民話や神話の大切さを... !?、今度こそついに来たか!! ああ怖かった、2/13の地震より揺さぶられる感覚があり、やはり地震は一番怖いと思いましたが、 福島原発は汚染水は漏れていないでしょうか、本当にこんな危険な日本でオリンピック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の次へ ~ 競争社会から協力社会へ

世界中の子供達が温暖化を訴えて金曜日に学校をボイコットする Fridays For Futrure、 本日3/19いよいよ世界全体で18:00から逐次グローバル気候ストライキが行われていくようです。 日本では関東地区以外では緊急事態が解除され屋外でのストライキも行われているでしょう。 しかし皮肉にもコロナによる経済減速によりC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Xの日 ~ デジタルが敗北する日

間もなく訪れる南海トラフ地震に備え、命を守る情報はテレビや教科書でなく各地の伝承に隠されていたことを突き止めました。 そして再びニュージーランド地震に、打ち上げられる大量のいわしやダイオウイカ、リイグウノツカイたち、 さらには相次ぐ隕石の落下、もう3.11は忘れましょう。 同じ災害は二度とこないのです... ・X…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の次へ ~ 脱プラスチックによる利益分配

なぜか日本だけ除く世界中の子供達が温暖化を訴えて金曜日に学校をボイコットしてきた Fridays For Futrure、 緊急事態が一部を除いて解除され、日本でもようやく気候ストライキを再開しはじめました。 3/19の大規模な気候ストライキをひかえ、世界が変わる気配と、一方で感染症、ワクチンをめぐる利権や巨大災害など 不穏な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の次へ ~ 遅すぎた自動運転

世界中の学生が金曜日に学校をボイコットし温暖化を訴えてきた Fridays For Futrure は今年3年目を向かえましたが、 また東日本大震災から10年、改めて脱原発やこれまでの社会のあり方を見直す時がきているとおもいます。 様々な節目をむかえ、そして緊急事態が一部を除いて解除され、ようやく気候ストライキを再開する時がきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Xの日 ~ 東北新社の世代

地球規模の脅威、温暖化、ロビンフットやオーストラリア対巨大IT企業など経済における反乱、 来たるべく東南海巨大地震、隕石や宇宙人か、誰もが何か目に見えない脅威との戦いに巻き込まれていますが、 グレートリセットは来るのか、はたまた本当の恐怖の大王はいったいいつ、 どこから襲って来るのでしょうか... ・X, Day…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の次へ ~ 見えない支配からの卒業

世界中ではじまった金曜日に学校をボイコットし温暖化を訴える活動 Fridays For Futrureも 今年で3年目に入りますが、欧米からアジア、中東、アフリカへと全世界の運動にまでも広がりました。 そしてアメリカもパリ協定に復帰しました。 しかし温暖化が解決したわけではなく、古代から20世紀の人類の行き過ぎた繁栄、その根源…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の次へ ~ 偽りのヒーロー、ロビンフットの反乱

バイデン新大統領によりアメリカがパリ協定にやっと復帰しましたが、それ以前にコロナにより航空機が止まり、 経済が低迷し、皮肉な形でCO2が削減されています。 一方でアメリカ在住の大江千里氏がワクチンによるショック症状に見舞われて心配です。 20世紀の大量生産の結果が温暖化、いまワクチンの大量生産による犠牲が起こらないか不安になります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Xの日 ~ アナフィラキシーショックが来る(かも)

地球規模の温暖化の脅威、かたや新型コロナ感染症、ミャンマーやトランプ派など何か目に見えない支配との戦い、 様々な乱が起こるなかで、いま差し迫った不安要因としてワクチンの乱が起こる気配を感じます... ・X, Day after tomorrow ~ 大江千里は二度死ぬ(いつかは) 千年前の歌人に大江千里という人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Xの日 ~ 女の話は長い(かもしれない)

間もなく起きる東南海巨大地震から命を守る本当の情報を求めて各地の民話や各国の神話を探って、 ...?! つ、ついにXデーが来たか!! けたたましく鳴り響く携帯の聞きたくない警報音、 倒壊するたんすに当たって大怪我をする人、階段から転げ落ちる80代の女性に、ベッドから落ちて怪我をするお年寄り、 あわてて外へ出てシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の次へ ~ トランプは何と戦っていたのか

バイデン新大統領によりアメリカがパリ協定に復帰し、日本もCO2ゼロに方針転換しました。 皮肉にもコロナにより航空機が止まり、経済も低迷、CO2が削減されています。 そして見せしめにされたトランプ氏の弾劾も否決の見込みで、真のアメリカを取り戻すべく私達トランプ主義者にも希望がみえてきました。 全てがオールグリーン、理想的なグリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Xの日 ~ グレートリセットが来る(かも)

コロナは恐怖の大王なのでしょうか、聖徳太子が現代あたる時期に何らかの災いが来ると予言したといいます。 また最近地震が頻発していますが3.11から十年となる今年、コロナによる社会の生き詰まり限界まできていますが、 さらに巨大地震がいつ起こるかもしれないことを忘れてはいけません。 しかし街行く人々はなぜ平然と歩いているのでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の次へ ~ 資本主義の実態はCO2とゴミ(かも)

あの京都議定書からパリ協定、そしてアメリカが復帰し世界が温暖化対策に向けて本格的に動き出しました。 日本もグリーン社会に方針転換し再生可能エネルギーへの投資を加速していくという話を耳にしますが、 まだ何も具体的な動きはなく何の保障もありません。 コロナによりCO2の大きな要因である航空機が止まり、経済が低迷し、ただ自然によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Xの日 ~ 三王の火

トランプ前大統領が最期に発した神聖な3という数字、その輝きはしばらく続きやがて消えていきました。 ある人はコロナが恐怖の大王だといい、東京上空に相次ぐ火球が降り注ぎ、海底からは生きた状態で リュウグウノツカイやダイオウイカが打ち上げれているといいます。 かれらは私達に必死に何を伝えようとしているのではないか... …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の次へ ~ 幸せなおじさんと少女と...

新たな大統領バイデンにより早速パリ協定に復帰、それに合わせて日本もグリーン社会へ方向転換し、 温暖防止へ世界が足並みをそろえはじめ、図らずもコロナによってCO2が減少、 若者達が始めたFFFもインド、イスラム、アフリカ、ロシアへも拡大し、このコロナ下でも 安心安全なオンライン上の世界でだれもが気候ストライキを投稿しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Xの日 ~ トランプという義経

命を守る情報、テレビにもインターネットにもない確かな情報を求めて世界の民話や神話にたどり着きました。 三大叙事詩、ギリシャ神話、ラーマーヤナ、アイヌのユーカラ、そして日本語では今昔物語、 そして最古の叡知、究極の叡知はもしかすると古代ギリシャ、エジプトとインドの間に位置する 中東にあったのかもしれません... ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の次へ ~ パリ協定復帰は喜ぶべきか

バイデン氏が勝利しアメリカがパリ協定に復帰、お帰りなさいと喜びの声が寄せられ、 日本もCO2ゼロをめざすグリーン社会へ方向転換し、再び京都の次へ動きだしました。 しかしどこか釈然としないのはなぜか、トランプ氏は本当に負けたのか、 私達トランプ支持者はどこへ行けば良いのでしょうか... ・京都の次へ ~ トランプ氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Xの日 ~ (コロナが)かぜになる日

記憶にあたらしい阪神淡路大震災、今年で10年となる東日本大震災、 阪神淡路の記憶でさえ思い出せば恐怖を感じ、今もけして復興とたとはいえない3.11と原発事故、 そして現在の新型コロナによる医療崩壊という現実、 復興、復興という復興は何からの復興なのでしょうか、昭和の経済優先は幻想にすぎず 私達は災害が日常とを認めるしかないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の次へ ~ 脱プラスチック元年として

たった一人ではじめた学校ボイコット、FFFも世界にひろがり、インド、中東やアフリカからもストライカー達が 次々とオンラインストライキを投稿しています。 そして日本もCO2ゼロをめざして動き出した、しかしとき遅すぎで新型コロナウィルスが世界に蔓延して人類滅亡を迎えてしまいました。 自然の摂理に背くことがいかに恐ろしいか思い知らさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Xの日 ~ 大晦日の謎

東日本大震災から今年は10年、そして阪神淡路大震災もまだ記憶にあたらしく、その教訓として まず水を確保しておくことなど連日防災情報がながれています。 そしてついに新型コロナによる医療崩壊が現実となってしまいました。 私達は滅亡の危機にどうやって生き残れるのでしょうか... ・X, Day after tomo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の次へ ~ 中世にFFFの起源、コロナの予兆

たった一人ではじめた学校ボイコット、FFF(未来のための金曜日)も3年となり、日本もCO2ゼロをめざして動き出した、 その矢先に急拡大をはじめた新型コロナウィルス、自然の摂理に背くことがいかに恐ろしいか、 何があろうとも、東京一極集中が全ての根源であり、地域分散社会、循環型社会を推進してくことしかありません... …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の次へ ~ 東京一極集中が全ての原因

日本もCO2をゼロをめざすグリーン社会政策へ転換し、洋上風力を中心とした投資が加速していきます。 しかしコロナ第3波で緊急事態宣言が発令される方向となり社会も経済も、年明けもなにもありません。 明けない夜は以前に、その原因は沈まない太陽(昭和の価値感)にあるのですから... ・京都の次へ ~ 東京一極集中が全ての原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の次へ ~ 21世紀のチャイナシンドローム

バイデン氏勝利でアメリカのパリ協定復帰、そして日本政府もCO2をゼロめざすグリーン社会政策へ方向転換しました。 しかしコロナ第3波で社会、経済が閉塞し追い込まれています。 年末年始もありません、この問題の根源はどこにあるのでしょうか... ・京都の次へ ~ 21世紀のチャイナシンドローム 年末年始で情報があまりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Xの日 ~ ノストラダムスの遺産

刻々と近づく東南海巨大地震、エックスデーにそなえ ... つ、ついに来たか?! ...危なかった。 久しぶりに大きな地震で家が傾きましたが、リュウグウノツカイやモノリスの警告があるのに面白半分をいっていてはいけませんでした。 本気で防災対策を気を引き締めていかなければと反省します。 ・X, Day aft…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more