そうだ、京都(の次へ)いこう

アクセスカウンタ

zoom RSS 軍事力を持たない選択 〜 南米型の可能性

<<   作成日時 : 2017/09/06 08:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


・南米型社会の可能性 - 軍事費を福祉に当てる

政府の支持率が低下し憲法改正が少し遠のいていますが、油断してはなりません。
また新たなミサイル開発費との口実で税金が使われようとしています。
これまで福祉先進国の北欧型がとかく注目され日本も取り入れていますが、ここへ来てコスタリカなど南米諸国で軍事費を減らして
その分を社会へ還元する試みが注目されていますが果たして成り立つのでしょうか。

日本の平和憲法を進めていくと最終的にはコスタリカのように軍を持たない状態となり、その時に他の国から攻撃されたらどうやって国民を守るのか、
などとすかさず軍備増強派がいってくるとおもいます。

しかしよく考えると、いったい理由もなしに日本を攻撃する国がどれほどあるかというとほとんどなく、
北朝鮮が偶発的に攻撃してくるというかもしれませんが、全世界のその他全ての国が反対して味方になることは明白で、
これほど心強いことはなくわざわざ武力で反撃して相手の民間人に被害を出すまでもないと考えられます。
またこれまで広島の原爆や東京大空襲で数十万の死者がでても日本人は決してアメリカを恨むことはなく、
それよりどうしてそのような事態になったのかそれを繰り返さないにはどうしたらいいかを考えます。
戦争への対処とはそういうものではないでしょうか。

まったく無防備に受けた原爆や東京大空襲もじっと我慢して乗り越えられるのだったら軍隊なんていらないのではないでしょうか。
数千ものミサイル攻撃を受けてもイラクは滅んでいないし大国に翻弄されてきた沖縄の文化も続いています。
軍備を持たなくても日本の文化が途絶えることはないと考えられます。




・ニュートリノ(バーガー)計画始動 〜 ビーフリー大航海時代への船出

牛肉をやめて別の食材にすれば温暖化の原因を80%減らせるという環境活動家のデカプリオ氏の説。
これまで何が健康食かまたそもそも温暖化すら不確かな情報の大海原で、あのデカプリオ氏がいうのならということで
大船に乗ったつもりでいよいよ牛肉代替料理(ビーフリー)ブームの豪華客船に乗って船出するときがきたようです。

トリノ市が週末菜食宣言をしたことにあわせて昔浦和駅前のどこかで食べた記憶のあるトリノバーガーなるものを
牛肉なしでおからベースで再現しようとしましたが、まったく歯ごたえがやわらかすぎて別のものになってしまいました。
あの浦和駅前で食べたバーガーの味はどうだったもそもそも記憶が夢か現実だったかもわからなくなってきました。

確かにこの裏門通りあたりにあったはずなのに
...
あれ?!、どこからか鐘の音がする。
こんな街中にお寺があってっけ?
そうか玉蔵院の方かな、いってみよう...

小さな子がお堂に登って勝手に鐘をついています。
こら!だめだよ勝手に鐘をついたりしたら、降りなさい。
きみは何処の子、なに六間道路の○○屋の子だって
そうかぼくも同じ通りだよ。
どこかで見たことがあるきがする...

(夢から覚め)
やはり確かにトリノバーガーがあって、裏門通りから玉蔵院は近くにあったことは確かな記憶でした。
しかしどこかでみたことのある子はいったい誰だったのか。
それはともかくトリノバーガーがトマトソースだったという重要な記憶を取り戻し、さっそく再挑戦しました。

画像

(トマトソースたっぷりの牛なしハンバーグ)
今度は玉ねぎとニンジン、野菜を多めにし豆腐は厚揚げの硬い素材を多くして固めにしました。
玉ねぎが香ばしくそれだけでもかなりハンバーグ感をだしています。
味も食感もハンバーグに近づいてきましたがまだまだ歯ごたえがビーフハンバーグに劣ります。
ビーフリーの大航海はまだまだ先が長いようです...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
軍事力を持たない選択 〜 南米型の可能性  そうだ、京都(の次へ)いこう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる