そうだ、京都(の次へ)いこう

アクセスカウンタ

zoom RSS 明治維新というテロ

<<   作成日時 : 2018/05/07 08:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


・総力特集アースデイ − 地球規模で文明開化当時を振り返る

地球規模の歴史を見ることも今年のアースデイのテーマですが、このところ文学によって文明開化当時の行き過ぎた西洋化過ちを振り返ろうとしています。
イザベラバード日本紀行に続いて様々な美術研究の西洋人が日本を訪れて、やはり西洋化で伝統工芸が破壊されていく様を危惧し日本を立ち去る際には講演を行っています。
文化多様性を守ることも環境問題と同じく大切なことです。
当時高官としては大隅重信、佐野常民等がその場にいたはずですが果たして声は届いたのでしょうか。

また当時アメリカの様子を見渡しますとと、西海岸シアトルの辺りではまだ掘っ立て小屋が建っていたといいますし、
アメリカ陸軍が戦線によってはまだ先住民に負けていたり、保安官ワイアットアープ、OK牧場の決闘も行われていた。
無法者ビリーザキッドもいたし、われ等が先住民の族長ジェロニモもまだ降伏していなかったのです。
ご先祖様、東日本勢である江戸幕府はいとも簡単に西洋に降伏したというのはなんとも情けない気もしましたが、
もしかしたら明治維新の方がテロで幕府側は現代の平和主義を見越していたかもしれないと考えることもできます。
結局はジェロニモも降伏しましたが、力でやりあっても切が無い、一方で日本の文化がいい物であれば必ず西洋に飲み込まれず生き残れるはず。
アメリカ先住民の文化も、日本文化もかならず軍事力でなく文化の力で生きていく自身があったからこそ、あえて降伏という選択した。
いまその平和の意思を引き継いで行かなければその思いを無にすることになるのではないでしょうか。
メディアが朝鮮情勢の不安をいくら煽っても、憲法9条改正に反対する方が上回っているというのは、まだ日本人に侍精神や先住民の血が僅かに残っている証かもしれません...




・Studioからこんにちは − 大人のプログラミング・ITの歴史を振り返る

環境雑誌がいつのまにか地域情報誌となっているソトコ○今月がIT活用ですが、エコビレッジへのIT活用が生き詰まっています。
機械音痴で初歩から勉強しなおしですが、○デュイーノ、○ベリーパイ、フレッシュ何とかこの辺りがロボット、ラジコン、おもちゃと何が違うのかといいたくなります。
ここでITの歴史を振返れば、当時○クロソフト帝国に対抗すべく1996年Javaが日本に上陸してLINUX+javaを社内で布教しようとしたらおもちゃだと言われ、散々な虐待を受けてうつで会社止めざるをえなくなりました。
また当時情報共有のためにKAKAKSHI、NAMAZUという日本製の検索システムを布教しようとしましたが、結局は○フーとかが商業目的の検索サービスがでてきてグーグ○が後にそのマネを始めました。
そもそもWEBのハイパーテキストの良さが情報の囲い込み商業目的の検索にとって代わられ使辛くなってしまいました。
複数プロセスでSheredPreferenseで変数をやり取りするのが最近のAndroidで動かなくなって検索で調べても結局わかりませんでした。
Studioのデバッグ環境が悪いのか端末が悪いのか、Context.MODE_MULTI_PROCESSという設定でとりあえず回避できてるようにも見えます。

ほとんどインターネット検索というものを使ったことがありませんが、先週初めてグーグ○が役にたったのが、夜中に蚊がでてきたのでスマートフォンの画面を青く光らせておびき寄せていましたが、
明かりをつけると逃げてしまうので、たまたま虫眼鏡のボタン(検索)に触れたら画面が瞬時に明るい検索画面になって蚊を一気に叩き潰すことができました。
初めてグーグ○が凄く役に立ちました。
最初は何でもおもちゃといわれて、そこから実用技術に成長していくものかもしれません。

画像


(アブラムシの点滴、天道虫)
歴史を学び、自然に学ぶのが真のプログラミング教育だとおもいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
明治維新というテロ そうだ、京都(の次へ)いこう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる