そうだ、京都(の次へ)いこう

アクセスカウンタ

zoom RSS 総力特集アースデイ - 加速するRE100

<<   作成日時 : 2018/05/24 08:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


・総力特集アースデイ − 加速するRE100の意味するもの

ようやく再生可能エネルギーへの本腰が企業、行政内におこりつつあるようです。
裏で元首相小○氏が千葉そして埼玉等各地で講演を行い再生可能エネルギーが本当の経済の柱だということをいっている
そうした地道なことも多少効果があるかもしれません。
一部の企業や行政機関が再生可能エネルギー100%(RE100)を宣言しだして自○党を含む原発村のほころびが見えてきました。
原発推進派の人も周りの全ての人が脱原発でも何がなんでも推進する確信や信念があって推進しているわけでなはいでしょう。
日本は村社会で間違っているということを一人では言い出せませんが周りの人が言い出すとすぐに動き出します。
ちゃんと本質を理解しているのかいないのか、逆にこの反動がこわいかもしれません。

環境先進国、福祉先進国、当初西洋の優れた民主主義をあこがれ、日本で民主主義など根付かないとあきらめていましたが、
よく考えてみれば中身をみれば日本が最も脱原発をしているのではないでしょうか。
これは技術ではないし民主主義が優れているわけでもないとおもいます。
これは誰のお陰なのか、買取法がそのきっかけでもありますがその発端は東日本大震災、福島の原発事故そのもの、日本の自然災害が進歩を作っているともいえます。
またどこの党がいいか悪いかでなく、単純に老化によって昭和世代から平成世代に政治家の交代が始まったこともあるとおもいます。

しばらく前海外メディアを発端に私も私もとセクハラ問題がやけに一時期取り上げられていましたが、何か今更の事でおかしな気がしました。
日本だけでなく人間の根底に村社会とか力でねじ伏せる習性というのは日常どこにでも常に起こっています。
PTAとかママ友など女性自身の中にもいくらでもあるはずなのに大手メディアは最期の砦である女性問題にばかりすがりついているようなきがします。
その反動でいずれ過剰な女尊男卑から男尊女卑への手のひら返しとか、これだけ原発村の一旦を担ってきたマスコミ業界がいつどう手のひら返しをするとかが逆に不安です。




・農業の世代交代、IT農家(?)になりました...

最近気がついた怖い問題として、農業の高齢化があります。
まわりの農家が次々と倒れて農業ができなくなってきています。
食料問題ももちろんですが、風景として寂しいし蛙の声とか田畑の様々な生き物の居場所がなくなるものまた危機感を感じます。
しかし新たに農地を確保して次世代が本格的農業を始めるには土地の権利の問題があって難しい現実があります。
いまその問題を少しずつ考え始めていて、今年の試みとして狭いスペースで小さな農園をたくさん作れないかとおもっています。
これには棚田の知恵を少しまねさせて頂いてみようとおもいます。

画像


プランターをミニ田んぼにしてさらに段々に配置してみます。

画像


べランダのプランターの方は乾きやすいのでどう水の供給をするか悩んで、浸透圧を試しましたが先週の高温が続いてからからになってしまいました。
また湿っぽい状態が続くと蚊が発生するので、時々水をまく自動化をする必要が出てきました。
そこでAI導入(というか古い言葉でいえばマイコンですが)、電子回路の勉強を始めていますが、まず基本はMOSFETでモーター等の駆動を動かします。
まだハンダ付けが怖いのでホームセンターで買った市販のプログラムコンセントを利用してみました。
昨日のような雨の日を計算に入れてだいたい1週間に一回くらい水を供給するようにセッティングしています。

画像

そして新たな仲間、スズメやネズミを狩るための猫が高齢化してきたので、新顔を導入しました。
どこが顔がどこかが手かわからないステルス機能を強化した新型イージスシステムでくそ鳥を撃墜します...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
総力特集アースデイ - 加速するRE100 そうだ、京都(の次へ)いこう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる