そうだ、京都(の次へ)いこう

アクセスカウンタ

zoom RSS 特集 Xの日 − 犬を食べた日

<<   作成日時 : 2019/03/01 12:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


子供が温暖化の危機を訴えて学校をストライキする運動が全世界に広がっているといいます。
なぜ普段、子供は社会の宝といいながら未来の環境を破壊するのか、学校ではけして教えないその答えは世界の昔話を聞けば簡単にわかります。
シンデレラに代表される継子伝説、他人の子供は殺してしまうという本性を人間は持っているのです...




・緊急特集 Xの日 − 犬を食べた日、犬上の一族

ようやく春になって犬を食べる季節になりました。

といったら欧米人は批判をするかもしれませんが、独立後の朝鮮半島を旅行したイザベラバード朝鮮紀行によれば春になると犬を食べる風習があるとのことです。
また朝鮮半島では女性は家の奥に閉じ込められており、自由になりたくはないか、との問いにあなたは旦那様に大事にされていないのではと切り替えされてしまいます。
その背景には朝鮮半島では3メートルものトラがいて屋外の人間はよくさらわれてしまうという事情がおそらくあるとおもいます。
またそのために犬をおとりとして飼っている意味もあるかもしれません。
なにもすべて欧米の価値観に合わせる必要はないとおもいます。

昨年末に天下分け目の関が原から琵琶湖直前まで歩きましたが、そのあたりは古来犬上と言われていたようで、犬の字はかつて朝鮮からの人々が移り住んで来たことによるらしいとのことです。
たしかに近江では石塔や観音像など異国文化の雰囲気を感じます。
醒ヶ井宿の水路をたどると天野川という川があって水害と関わりのある七夕伝説を感じさせますが、西軍を破ったいわば世界最初のブレクジットその背景に水の力があったのかもしれません。
さらに時間を遡れば信長が尾張から近江へ勢力を伸ばした時代にはやはり地形をも変える大水害があったことがわかりました。
そういえば江戸幕府もまさに水を治めることで支配力を保っていたといえます。
見えない水の剣、混迷するイギリスのブレクジットも見えない巨人に対抗するためには水の剣、伝説の水の妖精の剣を使うことが来たのかもしれません。

そしてさらなる調査でわかったのはこの天野川の古名が息長川といって、これは長らく探してきた犬上の豪族の館跡を探す手がかりとなりそうです。
悪い人間を押し流す大水、そして命を生むの水、不老長寿の秘伝か隠されていそうな気配がしています...




・ベーシックインカムの夜明け 〜 反アベノミクス論

経済でなく命を優先する社会に、ベーシックインカム実現に向け課題を検証してきます。
今回は健康、医療負担を軽減あるいは無料化できないか検証します。

日本国憲法に約束された最低限の命と健康を保つことに何が必要か、食に続き医療が重要だと思いますが、
不景気になるとよく登場する不景気おばさんともいわれる経済学者の方の本が書店に並んでいてアベノミクスを批判しています。
またちょうど保険の見直しをしている所で医療保険は要らないという本を参考に読まさせてもらっています。
しかし読む前に色々な保険に加入させられてしまいましたが、ただ確かによく考えると入院しても通常の医療であれば最高限度があって
それほど医療費がかかることはないので保険はいらないといえます。
アメリカのように本当は税金の無駄になる健康保険も必要ないのかもしれません。
健康保険さえ無くせば税金も減らせて、その分をベーシックインカムにわましていたただけるのではないかと期待てきます。

とはいえ入らされてしまった保険もよくみると最低のプランで粘って、もう一つは一括支払い型で利息がつくタイプで
相殺すると負担ゼロ円となって結果的にゼロ円の保険が実現できています。

また健康とは関係ありませんがふと100円ショップで超音波アロマディフューザーを売っているのをみてまた経済テロをやっているなと思いました。
唯一欲しい家電がディフューザーで無印で数千円で売っていてずっと悩んでいましたが、アロマディフューザーがタダ同然では、これは経済が崩壊しているとおもいました。

時代は変わったとおもいました...

画像

(醒ヶ井の川に無尽蔵に生えている藻)
これもうちのメダカや金魚のエサに使えるなとおもいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
特集 Xの日 − 犬を食べた日 そうだ、京都(の次へ)いこう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる